2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻夜と重力ピエロ

散々我が家には男の子がやってくる、と書いている私ですが、先日友人宅へ遊びにいったところ、本当に本当に男の子なの?と聞かれました。

ほんととかうそとかあるの??

と思いましたが、担当医に何度か聞いて聞いた回数だけ男の子という返答があったのかという意味とのこと。


3度聞いて、2回は男の子、3回目に女の子と言われ、結局女の子を授かったという方がいたようで・・・。



マジデ???



私、一回しか聞いてませんが、なぜだか担当医を100%信用しておりました(笑)。
ということで次回の検診にてがっつり確認してまいります。


でもね、男の子ということであれもこれも男の子用を買ってしまっているのです。

うん、でも女の子だったら全部ピンクでラブリーに作り直すから全然OK!






さて、ここ数日、近所で工事がありまして、テレビが映らず、ネットも電話も使えませんでした。
いきなりネットが使えないと、何していいかわからなくなりますね(笑)。

現在はベビーグッズの手作りで忙しい私。
楽しくてたまりません。

いろいろ作りましたが、昨日はベビーベッド用の天蓋を作りました。
少しづつ子ども部屋が部屋らしくなっていくことに幸せを感じています。



ネットが使えないので手作りの合間に読書を楽しんでいるのですが、お友達から借りた本が一向に減りません…。
ちょっと借りすぎたかな。

そして弟が時折日本から本を送ってくれる本もあるのです。
彼のチョイスはいつも楽しみで、読み終わったら感想をメールするのが楽しみのひとつ。
ちなみに私には弟が2人いまして、本を送ってくれるのは6歳下の下の弟です。

他にも東スイスの日本人会にて購入した本が数冊。
ラッキーなことに読みたいと思っていた本が1冊たった1フランで購入できました。
ありがたい。

なので本がてんこ盛り状態。



さて、以前、東野圭吾の『白夜行』について書いた時に、『幻夜』を読まれたというコメントが多く、私もようやく読み終えました。手元に届いてから読み始めるまで時間がかかってしまいました。

  gennya


驚くほどの悪女の話で、その悪女にころっとだまされる男たち。
よくも見事にだまされるものだと関心すらしてしまう反面、ここまでの悪女なら逆に気持ちがいいとさえ思ってしまいます。

私は個人的に『白夜行』のほうがストーリーの組み立てが緻密だったように思います。
『幻夜』のほうは肝心の悪女の過去がいまいちすっきりしなかったかなと。



そして現在夢中で読んでいるのが伊坂幸太郎の『重力ピエロ』

  isaka

こちらも『白夜行』のことをブログに書いた際にコメントでおすすめいただいた本です。
(sassoさん、ありがとうございます)

ネット購入して、SAL便で送ってもらってと手元にくるまでに時間がかかりましたが待ったら待っただけ読みたい度もあがるもんですね。

まだ読み終わっていませんが、この著者のスタイル、私は結構好きです。



本が手元にたくさんあるというのはやっぱり贅沢なことですね。





にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

余りものの一冊



残り物の本なのだけど欲しいのがあればどうぞ~

と言っていただき、2冊ほどいただきました。

どれにしようと吟味したわけでも、あ!これだ!!という直感があったわけでもなく、ただタイトルを見てこの辺かなと思って手にした2冊でした。


その2冊をいただいてから随分たちましたが、現在読書熱燃えまくりの私は、あ!そうだあの本があった!と思い出し、読み始めたわけです。


  book

それがこれ。

王妃の離婚  佐藤健一


これがね、実におもしろいのです。

舞台は1498年のフランス。
ルイ12世が王妃ジャンヌに対して起こした離婚訴訟。
とある弁護士がその弁護を引き受けるという法廷ものです。

この本の裁判はカノン法という教会法による離婚裁判なのですが物語が進むのと同時に、愛とは、結婚とは一体何かという問いに答えが少しずつ浮かび上がってくるのです。男にとっての結婚とは何か、女にとっての結婚とは何か、愛し愛されるとはどういうことなのかということが裁判が進むにつれ登場人物の中にその答えが少しずつ明確になってきます。かといって硬くなりすぎるのではなく物語も滑らかに進んでいく。そのバランスがなんとも絶妙で非常に心地いいのです。

私はもともと世界史が好きで西洋史を特に好んでいます。
その延長としてキリスト教史や教会史などにも興味がありますし、教会建築にも興味があります。

そんな私にはおもしろすぎる小説でした。
日本人でここまで歴史を理解し教会法にも精通している小説家がいるとは!

読み終わった後に解説を読んだところ、なんと直木賞受賞作でした。

そりゃあ直木賞もとるわね、と納得です。



余りものの一冊。

そういう一冊が光を放つのですよね。




読書 『告白』

先日、お友達からすすめられた本


  kokuhaku

それが、湊かなえ著 『告白』


本のみならず映画や化粧品など私は人にすすめられたものは素直に読んだり見たり購入したりします。

ほんとにいいの?
ほんとにおもしろいの??

と疑うことはあまりしません。


というのも、すすめられた『もの』それ自体よりも、すすめてくれた『人』がそれをどうとらえているのかを知るのが好きなのです。

例えばそれが本の場合、その人がその本のどこをおもしろいと思ったのか、その本を読んで何を感じたのか、それを知ることができる、それはすなわちその人のことをより知ることができるということなのですよね。

読んでみて私にとって全くおもしろくなかったとしても、すすめてくれた人がどこにどのようにおもしろさを感じたのかにとても興味がわきます。その人がここがおもしろいと思ったポイントと自分がここがおもしろくないと思ったポイントが同じだったりすると感動します。そんな正反対の視点を持つその人をもっと知りたいと思ってしまうのです。

自分の視点と同じだと嬉しいし、全く違うとおもしろい。

だから人にすすめられるものが好きです。
すすめてくれたその人のことを知ることができ、その人の意外さだったり自分との共通点だったりを発見することがたまらなく好き。

私、人にとても興味があるのだと思います。
なのですすめられた『もの』を媒体としてその人を知りたいと思うのかも。



告白

この本ですが、語り手を変えながらある事実を描いていくのです。
その事実が語り手が変わることでどんどん歪んでいくのですが歪むことで鮮明になる部分もあり
非常によく書けているのですよ。

そして最後のオチ。
結論も救いもないのですが、うならずにはいられない。


さすが本屋大賞!


すすめてくれたお友達は、一気に読んだと言っていましたが私もです。
一気に読まずにはいられないのですよ、ドキドキしてしまって。


すすめてくれたお友達、私からみると彼女はとても落ち着いていて判断力のある女性。
私のようにキャーキャー浮き沈みするタイプではなく、冷静で静かな強さを持つ人だと私は思います。

その彼女がすすめてくれたこの本。

きっと彼女はこういうところにおもしろさを感じたんじゃないかな~と勝手にあれこれ考えているのですが
またゆっくり彼女と話せる機会があるといいな。



この小説、映画にもなっているのでTrailerを載せておきますね。
私は松たか子よりも母親役の木村佳乃が見てみたい。








猫語


  nekogo


私は猫を飼っています。
実は犬がだめなんです、私。

猫好きなお客様が貸してくださった本、猫語の教科書


人間が猫を手なづけているのではなく、実際は猫が人間を手なづけている、そんな内容の本です。

おもしろくて一気に読んでしまいました。
猫好きの方にはおすすめです、この本。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

mollieのつぶやき

プロフィール

mollie.ch

Author:mollie.ch
東スイスのSt.Gallenにてスイス生活7年目。自宅ネイルサロンをしつつ手作り石鹸を販売しつつの毎日。夢はハイキングガイドになること、趣味はクロスステッチ。2010年5月に出産予定。

カテゴリ

未分類 (25)
スイスでコスメ (21)
ミネラルメイク (2)
ケミカルコスメ (18)
ハイキング/ トレッキング (11)
アウトドアウェア / 山スカート (2)
アウトドアギア (2)
旅行 / 観光 (4)
ネイル (13)
ネイルフォト (6)
チューリッヒ定期出張 (1)
石鹸 (6)
生活 (28)
これはいい!! (24)
テーマソング (11)
ファッション (14)
ふと思うこと (3)
読書 (4)
クリスマスマーケット (1)
舞台鑑賞 (3)
ハンドメイド (1)
妊娠・出産 (15)
子育て (9)
買い物 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。